日々の音楽

日々の音楽

晩酌は水割りのグラスを手に
ピスタチオを口に含み
わった殻を小皿へ落とせば
ちりん、と鳴る  

世界のあちらこちらに
美しい雑音たちは
今も
音を鳴らしている

さあ明日も
ひと匙の知恵をポケットに入れて
ドアを開き、耳を傾け、往こう

胸の鼓動と、人々と
セッションする
日々の音楽を探しに

投稿者

東京都

コメント

  1. ピスタチオ、殻を割るという行為と能動的な決意と、重なり合い。

  2. 服部さんの音がします。

  3. ティモさん

    ありがとうございます。 日々の場面に音楽を見出し、自分も音楽の一部になれたら、嬉しいです。

  4. 詩人それぞれの日常に見つける音があるのでしょう。 僕の音を聴いてくれて、ありがとうございます(^^)

  5. シンプルでとても素敵だと思いました。

  6. 最終連がいいですね。日々の音楽を探しに…。つまり、人生とのセッション。

  7. 忘流人さん

    シンプルな詩のスタイルを確立したいです。ありがとうございます(^^)

  8. 長谷川さん

    この詩はやはり最終連が言いたいことだと、長谷川さんの感想を読んで思いました。

    人生とのセッション、この感覚を求めています。

コメントするためには、 ログイン してください。