やまないひと

いまだに時々思い出すひとは
どこで何をしているのか知らない
もう一人子供が産まれたりしているかな
半顔麻痺は治ったかな
少しはハゲたかな

今の旦那さんとまだ結婚前にデートしてた頃
偶然あるお店の中で見かけたことがあった
その時は声もかけられず
でも心臓だけがやたらドクドクして
心なしかいつもよりはしゃいだ気がする
でもそれだけ
もし偶然会ったら
スーパーサニー笑顔で
元気よく話しかけよ!って
何度もシミュレーションしてたのにな
できないもんだな

そういえば付き合ってた頃
雨の中びしょぬれで仕事から帰ってきた彼は
次の日の朝
濡れたままになってる玄関の靴を見て
「あれー丸めた新聞紙入ってないなー
うちのオカンはいつもしてくれてたけどなー」
と言ってきたことがあった
その時はただただとっても悲しくなったけど
なんやただのマザコンやないか
きっと結婚した後も事あるごとにオカンオカンオカン
うん、せんでよかった

 *

別れてもうすぐ10年
ただ追いかけて抱きしめて泣いてはセックスして
1回浮気して
そしたら単発の浮気を3回もされてたことが分かって
あー泣いて泣いて泣いて
それでもひんまがった指と大きな背中が大好きで
見えない壁は壊そうとしないでよじ登った
愛して愛して愛してやまないひと

今度もしまた見かけることあったら
思い切って声かけよう
そんで、おっさんになった顔見て笑ったろ

投稿者

大阪府

コメント

  1. 最高。

  2. オッサンになって、太って、ハゲて、皺だらけになった自分の姿を、昔の恋人にだけは見られたくないなあ、と思ってしまうのは過去の恋愛を特別なものにしておきたい男の悲しい性分なのかもしれないですが、それを笑ってもらえるなら幸せかもなあ、とも思いました。

  3. すごい愛情です
    愛の表現が凄いです!

    ポジティブなのが、良いのです
    ポジティブで凄い愛情!

    良い詩であり
    思い出で有り
    現在を形成する糧ですね
    素敵

  4. これからもイチカワナツコ節を、楽しみにしています。 ラストのオチもいいなぁ(^^)

  5. たちまこさん→(≧▽≦)

    トノモトショウさん→その性分は知りませんでした!やっぱり男の人は愛おしいなぁ

  6. 那津さん→これはほぼ即興だったので、良いと言ってもらえて単純にうれしいです!
    そう、やっぱりそうなんですよね、糧。意識してないし忘れてることの方が多いけど、すべてのことは現在に繋がっている

    服部剛さん→わたし節(笑)自分で自分が放つにおいが分からないように、自分では分からないものですが、どんどん出していけたらいいなと思います^ ^

  7. 1回浮気されたら、3回しておくのも優しさだと思えるオッサンになってしまった、悲

  8. やまないひと。
    想いが止まない人。
    なのでしょうか。
    愛情というより
    果てしない友情を知りました。
    異性には慕情があっても友情に至ることは
    どれほど幸せなのかぁとごく庶民的な
    発想で読んでいました。
    痛快であっても切実な気持ちが
    これ見よがしでもあるし、
    いいなぁと思います。
    そんなの非現実とは、
    思いたくはない夢が描かれています。
    オジサンというか、
    老兵は死なずただ去りゆくのみ、ですね。

コメントするためには、 ログイン してください。