あわぶくの息継ぎ

ブルー
ここだよ

 海底の砂に半分埋もれた小石のように
 ただそこにいる
 ひたっと
 しんと
 あわぶくの息継ぎを試みる

ブルー
たまには沈みきってしまおう
深く
ふかく
 ふ
   か

 く

   神様は祈りをきいている
  世界に散らばるあらゆることばを
 神様語になおして
 きっとラジオの聴き流しみたいな
 すこし、たのしそう

ブルー
ブルー
それでいいよ

 きらめく水面の気配に
 掬い上げられるその時が来るまで
 ここにいて、いいよね
 うん
    

  う    
    ん
      
       。

     。

    。

     。
    

投稿者

大阪府

コメント

  1. あわぶくの息継ぎ、をすることを必要とする人々が、今の時代にもたくさんいることを思います。

    「神様語」の連の感覚になると、日常が少し違って視えるかも、と思います。

  2. ブルー
    ここだよ

    っていう最初の二行で
    撃ち抜かれるよね。

  3. 艶のある詩書きさん。文字の並びが視覚的にも面白い。

  4. 高音域が震えながら続いているようなここちよさでした。

  5. 句点に生命が宿ったようでした。。

  6. ブルー、って何度も繰り返される響きがとても素敵。撃ち抜かれます。

  7. 「神様は祈りをきいている/ 世界に散らばるあらゆることばを/神様語になおして」というところが特に好きです。
    この詩の世界の優しさも好き。「ここにいて、いいよね」
    全体を拝読した後、こころが小さくふるえて、うれし泣きしそうになっています。^^
    すてきです。

  8. 服部さん→休憩というか、ブルーだけど落ちるだけのブルーじゃない時も必要だな、と思います

    大覚さん→ありがとうございます^ ^ 大覚さんを撃ち抜けるなんて、うれしいな!

    りゅうさん→こういう魅せ方も、ぽえ会初期で学びました^ ^

  9. たちまこさん→ここちよさ、意識しました^ ^よかった

    timoleonさん→最後、ちょと遊びいれてみました^ ^

    あまねさん→ブルーを悲しいだけのブルーにしたくなかったんです。あまねさんも撃ち抜けた!^ ^

    こしごえさん→初めまして!丁寧に読んでいただいたようで、嬉しいです。ありがとうございます^ ^ 心に届くことができたようで、うれしい限りです^ ^

コメントするためには、 ログイン してください。