きみを忘れるための花を買う
光って嘘っぱちなんだよって
得意げに言うちいさな背中は
朝焼けで誰よりも輝いていた
そういうところがすきだった
きみを忘れるための花を買う

投稿者

東京都

コメント

  1. この詩は切ない気持ちになるんですけど、なんだか魅力的です。好きな詩です。

  2. 忘れたいと思うことほど、ほんとうは忘れたくない思い出なのだと、さいきん思うようになりました。

  3. 忘れるために花を買うってことは、忘れないために花は買わないってことで、買った花を庭に埋めて育てたらどうなるのかな
    花を買わない日々は悪くない、それより嘘っぱちでも光を見る方が大切な気がする

  4. アドバイスありがとうございます
    昨日買ったオリエンタルリリーは、鉢植えに植えて育ててみます

コメントするためには、 ログイン してください。