茶髪

   
   
   

よぼよぼのじいちゃんと孫が投げあうゴムボールの
放物線が馬橋公園を彩る様子をながめながら
ろくでなしのポンコツはあなたからの連絡を待つ

ありがとうの一言があまりにも言い足りなくて
ありがとうと言うのはなんだか気恥ずかしくて
ありがとうの代わりになって
あなたの明るい茶髪にあう花の名前を
ひとつずつ思い出している
   
   
   
   
   

投稿者

東京都

コメント

  1. あくんの短い詩はとても新鮮!

コメントするためには、 ログイン してください。