短い詩まとめ

   
   
   

「チョコ」

人を愛すると朝が早い
起きてるほうが夢の中だから
寝ていることがつらくて耐えられないので
環八がクラクションとランデブーを引き起こす中で
あなたにおはようといって
チョコみたいに
年甲斐も恥じらいもなく甘えたりしている
   
   
+
   
   

「ジャンガリアンハムスター」

あなたはわたしじゃないんだから
わたしの気持ちなんかわからないでしょって
きみは笑いながら
そう言いますけど

きみも俺じゃないので
俺がきみをほんの一瞬くすりと笑わせるために
すっかすかの知識かき集めて
必死にジャンガリアンハムスターよろしく
ちょこまかと回し車なこの頭回して
そのことがバレないようにとぼけた顔で
きみと笑って話してることを
きみは知りゃあしないでしょうに

だからきみと話すのは
いつも面倒くさくて
いつも気を遣うし
いつも大変で
もう嫌で
毎日毎日
本当に楽しくて楽しくて
楽しくてしょうがないよ
   
   
+
   
   

「パズル」
   
高円寺のコヤーマの
本店の方の
目の前にある駐車場の
なんてことないPマークの明かり

そんなことすらも
子供たちとパズルやって
きゃっきゃと楽しんでるきみで

少なくとも
今の俺にはそう見えるんだから
こんなのはもう
光とか愛とか
そんな強い言葉で飾り付ける必要のない
パズルのようななんかだと思う
   
   
+
   
   
   
「サボテン」

一回きりの人生なんだから
棒に振らなきゃもったいないので
その白い足に踏みにじられて
その白くてやさしい心の気持ちなんか
これっぽっちも考えないで
いろんな花の蜜をきみに送るよ
俺はけっこう花詳しいから
たぶん、女王蜂なきみも
どれかは気に入ってくれるだろう
そして、たまには面倒くさがらずに
早朝のサボテンに
ダイソーの霧吹きで水をやって
トゲの先についた小さな愛をながめる
   
   
+
   
   
   
「もったいない」

きみが笑うたびに
たまにだけど
なぜだか
すごくもったいなく感じて
自分を自分で蹴とばして
あばら骨をぶち折りたくなるので
とりあえず
ドリカムでも聞いて
あくびして
そのことを忘れようとする
あーあ
もったいないもったいない
もったいないことしちまったな
酒飲むか
平日の
まっぴるまだけど
こんなにも空が青いし
こんなにも光が降り注いでんだから
もったいないし
酒飲むか
飲も飲も
   
   
あー
もったいない
俺は本当にバカだ
あんなに笑ってくれてたのに
あー
もったいねぇ
   
   
   
   
   
   
   

俺は本当にバカだ
俺は本当にバカだ
   
   
   
   
   
   

+
   
   

「ニシキヘビ」

あの娘がどこかに行くために荷造りしてるときの
アタッシュケースを蹴飛ばした謎の男を
五回くらい殺すという
よくわからない夢で目覚めたので
今日はとても調子がいい

愛はそういうのも
許さなきゃならないと教えてもらったけど
なら俺は
少女の赤いハンチングを非情に奪う
血も涙もない一輪の突風でありたい

愛はそういうのも
許さなきゃならないと教えてもらったけど
なら俺は
自らの欲を満たすためだけに研がれた
醜いニシキヘビの牙の鋭さでありたい
   
   
+
   
   

「詩」

好きといえないから
詩を書いてるわけで
そんなこと
お構いなしに
好きといってと
何度も言われて
勇気をだして
好きといったら
好きといってと
何度も言われる
   
   
+
   
   

「チョコを食べるきみ」

チョコを食べるのが
好きというけど
あなたは
俺が砂漠のとんがった風に
魂削られて
世界中のすべての誕生日を
ぼろぼろ泣きながら憎んでいた
そんな頃に
初めて出会ったときから
今日までずっと
チョコだったから
チョコがチョコ食べるって
ただの共食いじゃんと
笑ってしまって
それから
チョコを食べるきみが
すごいうれしいから
少しだけ泣いてしまう
   
   
+
   
   

「笑っていてほしい」

あなたには笑っていてほしいから
暗い言葉はやめてほしい
あなたの悲しい言葉はひどくつまらないから
あなたのその笑顔をそのまま言葉にしてほしい
   

両刃の小さいナイフで
相手を傷つけようとして
そんな勇気
あなたが持ってるわけないから
仕方ないから
自分の側の刃で自分を傷つけて
流れる血の温かさで
ぬくもりを感じたりとか
   

もうああいうの
見ててつまらないからやめてね
あなたの笑顔が何よりも好きだから
笑っていてほしい
笑っていてほしい
笑っていてほしい
   
   
   
   
+
   
   
   
「あなたと話をする」

   
   
   
あなたの好きな音楽の話をする

 別にここまで幸せじゃなくても
 本当はよかったんだけど
 こんなに幸せになっていいような
 出来の良い男ではないんだけど

あなたの好きな映画の話をする

 時間ってこんなに優しかったとか
 知らなかったよ
 知ろうともしなかったから
 知らなかったよ
 お天気雨の名残が 茶葉に吸い込まれたり
 南天の赤がクモの巣の上で 光と溶けたり
 そういうの
 全然知らなかったよ
 知ろうともしなかったんだから
 わかるはずもないよね
 全然知らなかったから
 だから
 ゆっくりとでいいから
 教えてほしいんだ
 また前みたいに
 もう一度教えてほしいんだ
   
   
   
   
あなたの好きなお菓子の話をする

あなたの好きな果物の話をする

あなたの好きな涙の話をする

あなたの好きな笑顔の話をする

あなたの好きな暗がりの話をする

あなたの好きな光の話をする

あなたの好きな恥ずかしい話をする

あなたの好きな面白い話をする

あなたの好きな無音の話をする

あなたの好きな声の話をする

あなたの好きな雑貨の話をする

あなたの好きなおもちゃの話をする

あなたの好きな大人の話をする

あなたの好きな子供の話をする

あなたの好きな嫌いな人の話をする

あなたの好きな好きだった人の話をする

あなたの好きな未来の話をする

あなたの好きな思い出の話をする

あなたの好きな英語の話をする

あなたの好きな日本語の話をする

あなたの好きな雨の話をする

あなたの好きな晴れの話をする

あなたの好きな泥んこの話をする

あなたの好きな洗濯物の話をする

あなたの好きなふたりの話をする

あなたの好きな愛の話をする
   
   
   

あなたと話をする
あなたのことが好きだという話をする
   
   
   
   
   
   
   

投稿者

東京都

コメント

  1. わあああ、すごい熱量ですね!いっぱいあって読みごたえがありました
    ところで、アタッシュケースで荷造りて珍しいね!

コメントするためには、 ログイン してください。