春の悲哀

ジャイアンは殴り
スネ夫は横で「お前が悪い」と言い続け
のび太は泣きながら抵抗している
その叫び声は

どら焼きを頬張るドラえもん
入浴中のしずかちゃん
勉強中の出木杉くん
その耳に

届いていないようであり
届いているようであり
世界の不安と冷酷が

かくも鮮やかに
切り抜かれている
かくも憂いの深き春であった

投稿者

茨城県

コメント

  1. なるほど。ドラえもんの道具があればいいのに。

  2. おもしろかったです!
    見知った名前がたくさんでてきて
    それでなんか深くて

  3. 世界の縮図をドラえもんの世界にコンパクトな詩で閉じ込めた様が良いですね。

  4. 「ドラえもん」の人間関係って、けっこう絶妙なんですよ。…ほんとうに、かくも憂いの深き春であります。

  5. たかぼさん ドラえもんの道具、ほんとうに欲しいですね。そうなれば戦えるのに…

  6. イチカワナツコさん ありがとうございます。ドラえもんは私はもうずっと愛読しています。

  7. あぶくもさん 世界を何とか14行におさめてみました。ソネットは西脇順三郎は日本人には向かないと言っていたかと思いますが、習慣となればそういうこともないと思っています。

  8. 長谷川忍さん 戦争が起こって以来、気分的に暗い日々を送っています。戦争なんていつの時代もあったかと思いますが、私がツィッターを本格的に始めたのが一年くらい前からで、戦争が起こってからはつい毎日覗いてしまい、すると衝撃的な映像やら動画やらがあれば、現地の人々の証言もあり、生々しく胸に迫るので、何やら安穏としていられないのです。何もできるというわけではないのですが。それ故にこそ憂いも深く…

コメントするためには、 ログイン してください。