俺は今日、君に会いたい

   
   
   
   
この街の
血液が通っていないビルに
雨がどかどかとぶつかって
はじけて消し飛ぶ様を
山の緑にあてられて
焦げた土色に恋をした
君の目をちゃんと見て伝えたいんだ

ああ、俺は今日君に会いたい
   
   
+
   
   
生まれてこの方
たこ焼きなんて
食べたこともないし
見たこともないのよと
聞いてもいないことをほざく
男を金と見た目で判断して下さる
大口のお得意先の長女の
東京のクソ女と
一生懸命
ひきつった屈託のない笑みを
浮かべながら
お話させていただいて
その裏で
銀だこがいかに邪道であるかを
一生懸命
俺に説明してくれる
君の笑顔を思い出して
思わず俺は
目の前のこのクソゴミ女を
どうやって殺せば一番苦しんでくれるかなぁと
確か、ハチミツで窒息死させるなんていう
大昔の拷問があるって
最近聞いた記憶があるから
それなんか良さそうだなぁと
思ったりするだけだったら
別に悪いことではないだろうと
俺は思うんだけど
そんなこと思っていたって
万が一、君に知られたら
とてもたくさん叱られるから
一生懸命
思わないようにして
屈託のない笑みをうかべる

ああ、俺は今日君に会いたい
   
   
+
   
   
夕暮れに進む雁の整列を
このがさついた手で囲ってみて
切り取った一瞬の奇跡を
君の笑顔と分かち合えれば
俺はもう二度と
幸せになんかなれなくていい
ずっと不幸のどん底で
君の温かさを握りしめて
にくしんで流す涙じゃなくて
うれしくて流す涙に変えてやるんだ

ああ、俺は今日君に会いたい
   
   
+
   
   
ああ、俺は今日君に会いたい

友達に初めて見せた泣き顔を
指さされてゲラゲラ笑い散らかされた白昼を
飲んでも飲んでも足りない苦しみを
神田川の汚い水に住むホタルのたくましさを
男がいつまで泣いてんだって
殴られまくった大雨の夜を
君の心に手渡したときに
どんな色の火花がはじけ飛ぶのかを
俺はそれをみてみたい
ただ君と
そんなことを話していたい
君の声が聞きたい
君に叱られたい
君を笑かしたい
俺は今日、君に会いたい
   
   
   
   
   
   

投稿者

東京都

コメント

  1. あくんの詩だなぁ笑
    不幸のどん底に行くのももうやめよー飽きちゃうよ

  2. イチカワナツコさん
    御心配には及びません、けっこうハッピーな気持ちで書いているので笑
    でも、ナツコさんのやさしさが沁みます、ありがとうございます

コメントするためには、 ログイン してください。