堕天使

堕天使

神様を寝取り
天使を殺して
人間を愛した

肩書なんて意味もなく
翼をばたばたさせて歩く
傷付いた蝙蝠のよう

もう誰も縛れないのに
空からは見えない鎖が垂れ
いつまでも頸を締める

愛してあげるから
もう何の心配もいらない
幸せを見せてあげる

投稿者

神奈川県

コメント

  1. 何の神様を寝取ったのだろう? …ちょっと興味津々。イラストが、詩の中に溶け込んでいますね。あどけない堕天使の表情がよいです。

  2. 色々考えていたらコメント欄でなごやかに書けるお話でなくなってしまいました。(笑)堕天使を描くのも好きです、有難うございます。

コメントするためには、 ログイン してください。