イライザ

   
   
   

君にずっと寄り添ってあげられて
君の強くて臆病な心を
ずっと暖めることができる音楽が
愛してる以外見つからない午後零時

仕事しながら飲む酒は鉄サビ色で
だったらもういっそのこと
風にでもなってやろうかなと思った

吹き抜く風のように
自由になったこの魂を
俺は粉々に砕くから

そいつをインク代わりにして
君にラブレター書くから
君にまた愛してると書くから

それ読んで
腹抱えながら俺のことを
けらけら笑ってやってくれないか
君の笑う姿が好きだから
俺のことをまた
笑ってやってくれないか
   
   
   
   
+
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   

なぁ、神様
頼むから俺のイライザを返してくれよ
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   

投稿者

東京都

コメント

  1. 相当すきなんだねー笑う姿
    神様は聞いてるよ

  2. はい、一生をかけてあの笑顔を守りたいという気持ちで一杯です
    神様は・・・聞いてくれてますかねぇ?笑
    だったら嬉しいですけれどもね

コメントするためには、 ログイン してください。