両親への想い

なぜあの時、そうしたのか
今になってわかった
その時の必然
父を母を責めたけれど

今の私があることへの
感謝
電車の中でふと涙がこぼれる
命をつないでくれてありがとう

投稿者

東京都

コメント

  1. あやみさんはちゃんとした大人になれたのですね。

  2. いえいえ、いい歳になって、まだ親離れできていないような気がしています。親との関係って難しいですね。今でもいろんな思いが湧き起こります(笑)。

  3. 今になってわかること、たくさんあるな、たくさんもらったなと、思い出すような詩でした。ありがとうございます。

  4. うんうんうんうんうん
    親心ですよね
    そして若さは親心を求めない

    そしてまた歳をとり少しずつ理解できる
    本当にありがたいです
    ありがとうございます

  5. たちばなまことさん、ありがとうございます。両親は、世代が違うせいもあり、自分とは考え方もちがうので、仕方ないと思いつつも、対応がつらい時もあったのですが、ふと理解できて、感謝の気持ちが降りてきた瞬間があり、言葉にしてみました。

  6. 那津na2さん、歳をとってやっとわかること、いろいろありますね。親が生きているうちに、感謝を伝えたいと思います。

  7. 短いのだけれど、誰しもに思い当たる節があるような、見たことある光景のような切り口で、わたしは目の前にいたようでした

    ところで、プロフィール写真好きです笑

  8. イチカワナツコさん、コメントありがとうございます。両親への想いは、詩にしてみるといろいろ溢れてきて、言葉にできるところだけしたら、短い詩にしかできませんでした。いつか年月が経つと、また違う詩が作れるかもしれません。感想、ありがたいです。 
    プロフィール写真にも、コメントありがとうございます!ムーミン好きで、ムーミンカフェでたまたま店員さんが隣の席に置いてくれた、ミーのぬいぐるみの目力というか、存在感がすごくて、プロフィールに載せてしまいました。

コメントするためには、 ログイン してください。