『RIBBON IN THE SKY』

『RIBBON IN THE SKY』

とうとうやってしまった
ここに来るまでに

マリークロッカスは 体中から湧き上がる冷や汗と
真っ白になった頭を落ち着けようと
濁った波打ち際に ぼろの体をひたした
辛い潮水がきつくしみとおる
そして洗い流した
べとべとした、この薄暗い血を…!

「おい、見ていたんだぜ」

浜辺から声をかけてきたのは黒猫だった
まり―クロッカスはたじろいだ

「何をだ?」

「おまえがやった、すべてをさ!」

大きな波が くずれてちった
ザザーン
そのいきおいで ぼろの羽が次々もげる

「悲しみまでは持っていってくれないぜ
 分かるだろう」 

マリークロッカスは うなだれ 波からあがる

くもり色の激しい風が またもや羽をさらっていった

「笑うがいいさ 哀れでみにくい この私を
だってこの血を見た時 思ってしまったのさ
なんて美しいのだと」

そしてうずくまる
だだっ広く 巨大な砂浜に
マリークロッカスは心臓をつぶすぐらい
小さく 小さく ちちこまる

「俺もそうだった
俺も同じあやまちをおかした」

黒猫は空を見上げてつぶやく

マリークロッカスは
あまりに静かな黒猫の声に
顔を上げてたずねた

「どういうことだ・・・?」

「違うのは 俺は死んでて
 おまえは生きてるってことさ
 つまり今 おまえがみているのは 俺の幻なんだよ」

一瞬の沈黙の後
波はまた 静かにおしよせる

「生きるっていうのは果てしないんだぜ
この海みたいに あの消えかかった星みたいに
俺はすべてをフイにしちまった
バカな話だな
まだ何も見ていなかった
まだやることはいっぱいあったはずなんだ
それなのに、それなのにこの俺ときたら…!」

黒猫はふとそっぽを向いた
白く 輝く 涙の粒が
ボタボタ ボタボタ こぼれて落ちて
銀色の砂に消えていく

しばらくしてから
すきとおった丸い瞳をこちらに向けて
黒猫はマリークロッカスにたずねた

「おまえは何が怖いんだ?」

「私は…すべてがとてつもなく怖い
森の連中も
自分自身も
生きていくことさえ」

「そうか…
でもな、そんな時は思い出せ
この俺様の果てしない涙をな
海まで続いて
今じゃあの星まで届きそうな勢いだぜ

決して俺をみならうなよ

なあに俺だって そのうち立ち直るさ
そのうちな
そのときはまた いい酒でも飲もうじゃないか」

海の向こうから 青白い光が流れ出す

「おっと そろそろ俺は帰るとするよ
 天使どもに 無理やり引きずられるのは イヤだからな」
黒猫はよいしょっと立ち上がる

「じゃあな、また会おうぜ」

そのとき 金色の朝陽が
こごえきったマリークロッカスの体を
ぱあっと照らし出した

すると するするのびた黒い影が猫の形に変わり
バイバイと手をふって
天の上の方へとぴょんぴょんかけていった

マリークロッカスは温かくて優しい朝日をいっぱい浴びて
少しはやれそうかしらと微笑んだ

なんだかとても すばらしい 太陽だこと 

【キャラクター】
マリークロッカス:いつも愛を探している 臆病で気弱な鳥
黒猫:海で死んだ猫の亡霊

音楽は スティービーワンダーの『RIBBON IN THE SKY』を使用しています。
この曲を聴いていてできた作品なので、この曲名を表題にしました。

投稿者

静岡県

コメント

  1. マリークロッカスと黒猫のやりとりが面白くてあっという間に動画を拝見できました。
    曲に合わせて動画を作ったのでしょうが、動画の長さが長すぎず短かすぎず丁度いいです。

  2. 一編の映画を観ているようでした。音楽と映像が入ると、言葉が立ち上がってきますね。

    なあに俺だって そのうち立ち直るさ
    そのうちな
    そのときはまた いい酒でも飲もうじゃないか

    かっこいいフレーズだなあ…。
    スティービー・ワンダー、私、好きなんですよ。

  3. こしごえさん>
    ご感想ありがとうございます。
    >マリークロッカスと黒猫のやりとりが面白くてあっという間に動画を拝見できました。
    そんなふうに言っていただけて嬉しい限りです!
    ずっと前からあたためていた作品なので、そういってもらえてほんとによかったです。

    >曲に合わせて動画を作ったのでしょうが、動画の長さが長すぎず短かすぎず丁度いいです。
    長いのか短いのか、果たしてこれは人に伝わるのか、伝わらないのか?
    主観のみで作っていたので、こういったご感想ありがたい限りです。
    今後の作品作りの際に、大いに参考にさせてもらいます。

  4. 長谷川さん>
    ご感想ありがとうございます。
    >一編の映画を観ているようでした。音楽と映像が入ると、言葉が立ち上がってきますね。
    映画だなんて言っていただけるとは…作った甲斐がありました。
    黒猫は、後悔を繰り返して、少し大人になっているのかもしれません。
    お褒めのお言葉嬉しい限りです。

    スティービーワンダー良いですよね!
    どの曲も愛に満ちていて、最高ですね。

コメントするためには、 ログイン してください。