くらくら

 
 
 
ふたりで手を繋ぎながら
あの赤い観覧車のように回り続けたい

シャボンの群れが
ちっともなびかないくらいの速さでもいいし
あなたの瞳の星空が飛び出すくらいの
気が狂ったスピードでも
どちらでも構わないので
あの赤い観覧車のように回り続けたい

そうして回り疲れて
くらくらになった君を
俺は受け止めて
あとはいつも通りに
その大きなまんまるの瞳で
この心をいつも通りに
撃ち抜いちゃくれないか
 
 
 

あなたのその瞳で
くらくらに酔わせちゃくれないか
あの赤い観覧車のように
いつまでも
いつまでも
 
 
 
 

投稿者

東京都

コメント

  1. 酔わされちゃったら“君”を受け止めることができないぢゃないか。
    と思ったら、“君”と“あなた”がいるのね。欲張りだなぁ。w

  2. 手を繋ぐっていいよね
    赤い観覧車はねーカップルで乗ると別れるみたいな都市伝説があったようななかったような笑
    だから乗らないでね(*´-`)

  3. 観覧車、しばらく乗っていません。好きな人と、ゆっくり観覧車に乗ってみたいな。

  4. 観覧車に好きな人と乗る
    なんて素敵なシチュエーション
    恋する気持ち
    忘れたらダメですね
    そう、痛烈に感じました

  5. BENIさん

    コメントありがとうございます
    あちゃあ~!!!二人称統一しなきゃダメですよね!(;^ω^)
    すみません!笑これ同一人物のつもりで書いているので、そんな感じで読んでいただけると助かります!!!笑笑笑
    浮気なんて、僕はそんな器用ではないのでできませんし、するつもりもありません~!笑笑

  6. イチカワナツコさん

    コメントありがとうございます
    なんと、赤い観覧車にはそんな都市伝説があるんですね…
    かしこまりました!乗りません!!!笑

  7. 長谷川 忍さん

    コメントありがとうございます
    僕ももう、何年も乗っていませんが、長谷川さんの仰る通り、ゆっくりまったり乗りたいですね
    あぁ、でも都市伝説あるからな…うーん、じゃあ列に並ぶだけ並んで、乗らずに帰るのがベストなのかなぁ…笑
    ふざけすぎました、申し訳ありません_(._.)_

  8. 那津na2さん

    コメントありがとうございます
    観覧車は素敵ですよね
    忘れたらダメですね…僕も、那津さんのコメントをみてそう感じました
    ありがとうございます

コメントするためには、 ログイン してください。