源兵衛川

 
 
 
源兵衛川にぼたんと落ちた
すももくらいに大きくなった南高梅の下に
ひそひそとサワガニとドジョウは身を寄せあって
クリスマスを12月のくそ寒い時期ではなく
スカッと暑い七夕の前日にでもずらしちゃおうよ、という
この世で最も血の流れない悪だくみをしている

俺はちょうどその頃
白のロンTに蒼のスカートを上手に合わせてる女の子に手渡された
ハートマークがこれでもかってくらいにプリントされている
懸命に太陽の光を浴びながら、きらきら輝くサランラップを
くしゃくしゃのぐちゃぐちゃに丸めて
この地球の侵略を企む宇宙人が来たときに
こいつを思いっきりぺちんとぶつけて
赤い火花を盛大に散らせることだけを考えつつも

あのビルと山を丸ごと吹き飛ばせば
ここからでもあの子の街が見えるんじゃないかって
そんなことを思っていて

そのことを隣にいた若い奥さまに陽気に伝えてみたら
訳がわからないとポカンとした表情をされて
抱っこされている男の子はというと
真っ直ぐに俺を見つめながら
しきりに何度もこれでもかってくらいに
満面の笑みで頷いてくれた
 
 
 
 
 

投稿者

東京都

コメント

  1. この詩を読むと、温かい雰囲気などで詩行が流れていく感じがします。

  2. @こしごえ
    コメントありがとうございます

    温かい雰囲気でしたか、そういっていただけてうれしいです!
    みんなが温かい通り越して灼熱に心がホッティングサマーバケーションオンザスネイキングブルーズハイカットジーンズジーザスプリーストな詩を書けるように、精進しますラブアンドピースフルドキュメンタリーネイチャーフォーチュンクッキー(*`・ω・)ゞ

  3. 素敵です。
    愛おしい部分の夏のにおいがしました。

  4. @たちばなまこと
    コメントありがとうございます

    夏はいいものですねぇ、けどちょっと暑すぎやしないかい夏君や…

コメントするためには、 ログイン してください。