テーブルの上
画用紙の切れ端が無造作に
置かれている
切れ端の隅のほうに
眼が片方だけ描かれている
鉛筆で精巧に描かれた右眼だ
女性だろう
どこを見つめているのか
焦点が微妙に合わない。

幾日か後
再びテーブルを覗いたら
左目が
切れ端の真ん中に描かれていた
今度は正面から
こちらをじっと伺っている
怒りだろうか、不安か、渇望か
戸惑った末
画用紙を裏返した。

テーブルの上
画用紙の切れ端が無造作に
置かれている
切れ端は真っ白なままだ
今まで考えたこともなかった日々との
邂逅を
想像してみた
画用紙の脇に、一本の鉛筆
部屋には誰もいない。

投稿者

東京都

コメント

  1. 読者の勝手な想像で、母娘あるいは母と息子の、直接の会話ではない対話のような風景を思ってみました。すべての時間を共有し、言葉にして触れ合っていた親子関係は、やがて子どもたちが大きくなり、それぞれの適切な距離感を互いに探りながら育んでゆく。その母の眼差しのようなものを想像すると、グッと来ました。(まったくお門違いな想像してたらごめんなさい)

  2. @あぶくも
    あぶくもさん、そういうふうに読んでいただけるのは、作者冥利に尽きます。なるほど、…親子関係。とくに、母と息子で捉えてみると、物語が深まっていくかもしれません。

  3. コメント失礼いたします。
    なにか、誰かを待たせているような、約束を忘れてしまっているような、黒いぽっかりに覗かれているような、そんな想像をいたしました。
    とてもピリピリした心地になりました。
    眼、視線、というものは、チリチリする感じがいたします。
    そして、何かと向き合っているイメージも湧きました。
    自らその鉛筆を手に取れるのかと、自問をしてしまいます。
    うまく言葉にできずすみません。

  4. @ぺけねこ
    ぺけねこさん、精密に描かれた右眼だけの鉛筆画をたまたま見まして、その画が強烈で、その鉛筆画からイメージを広げて書いてみました。まさにピリピリした心地でした。何だか、心の奥底を覗かれているような、ちょっと後ろめたい心地もありました。視線、眼差しは、怖いですね。

  5. 机の上に残された鉛筆で片方の口角だけ上げた唇を描いたら、次の画用紙には細めた右眼が描いてあったりして。。。イメージがどんどん広がっていくような糸口を感じます。

  6. @nonya
    nonyaさん、眼からイメージを広げていきました。人の表情までイメージを広げていったら面白いですね。口元、唇も、興味を惹きます。そちらのイメージで、またひとつの詩が書けるかもしれません。

コメントするためには、 ログイン してください。