此処

此処

駄々をこねて
手に入れたものは
すべて行方知れず

罪の数と罰の数が
同じでないと知ったのは
ずいぶん後になってから

誰かのために摘んだ
花の毒に侵されて
薬指を枯らした

逃げ回った挙句に
恐る恐る振り返れば
自分の影ひとつ

夢も持たず
約束も果たさず
此処にいる

あなたが
手を放してくれないから
辛うじて

此処にいる

投稿者

東京都

コメント

  1. 写真がいいですね、詩に負けてない。適度に内省的でいて、それでも最後に、放してくれない手の存在の大きさが際立つ、とても良い詩だと思いました。

  2. 素敵です

  3. 詩の心情と、画像の訴えるものが見事にリンクしていて、やりきれない思いが伝わっています。
    さみしくて、凍えそうで、戻りたい思い。。

コメントするためには、 ログイン してください。