宣誓

健やかなる魂
黒と白の鍵盤をはう
少し小さな白い手
動けば風のようで
聴くたびに異なる声を持ち
笑い声はどこまでもかろやかで
目に少しかかる髪をゆらしながら
破顔するあなたをわたしはわすれない

あなたは少しずつ変わっていくだろう
けれどもあなたは神様が味方をした人
幸せを無意識に運んでくる人
その息吹にふれたかと思うと
次にはもう後ろ姿しかみえなくなるけれど

あなたをこの先も
末永く愛していいですか

たとえ花弁が舞い落ちる日がきても
あなたの葉や茎や根や魂まで

愛してゆきたい

投稿者

コメント

  1. 素敵です

  2. イチカワナツコ様
    このたびはコメント、ありがとうございます。恐縮ですが、とても嬉しいお言葉、ありがとうございました。

  3. 綺麗だ
    心洗われました。ありがとうございます。
    『花弁が舞い落ちる日がきても』
    とても深い、真実の愛を感じます。

  4. @TB6
    TB6様
    このたびはコメントをいただき、ありがとうございます。
    「心洗われました」と言っていただけて、私の心も洗われた心地です。
    混じりけのない愛とは、魂への愛なのかな、と思った時に、
    この詩を書きました。
    TB6さんにも感じていただけたとしたら、とても嬉しいです。
    このたびは、コメントをお寄せいただき、ありがとうございました。

コメントするためには、 ログイン してください。