写楽

久々に寿司屋の暖簾をくぐり
独り腰を下ろす

机にはコロナ対策に透明の板が立ち
私の人影がうつる

お猪口に注いだ冷や酒が進み
硝子の徳利も軽くなる頃・・・
影がそっと囁いた
───お前は一体何者か?

不意に
わたしがわたしであることが
世にも不思議であるような
何か自分のやることがあるような
思念は宙に浮かんで、消えた

美味い中トロを
食べ終えて
写楽という名の酒の残りを
くいと一口、呑み干して

私はがららと席を立つ

投稿者

東京都

コメント

  1. ───お前は一体何者か? という問いなどと、写楽、という題が呼応して 深い境地が浮かび上がるようですね。
    すてきな詩です。

  2. こしごえさん

    ありがとうございます☺

    詩作しながら、題と内容が呼応することに気づきました。こういう偶然( 必然 )性は、大事にしたいです。

  3. 粋!

    そして、1人で飲んでいて
    ふと、立ち止まる世界
    雰囲気自体が立ち止まり
    頭に流れてくる

  4. 那津na2さん

    日々を味わいふと、不思議を見つけたいです。

コメントするためには、 ログイン してください。