君と僕とを繋ぐもの

君と僕とを繋ぐのは
解けかけの言葉の糸

ねえ げんき ?
また あおう ね

行っては帰り行っては帰る
言葉の大半は風に溶け
僕の手元に残るのは
細く揺れる切れ切れの糸
ただそれだけ

また 会いたい
心奥から叫んだ言葉は
だから君には届かない

また 会いたい
それでも僕は言葉を紡ぐ
君に届くように
届くように

唇から飛び出た言葉は
早速風にさらわれて
やはりその大半が
空青に溶けてしまったけれど

投稿者

コメント

  1. この詩から強い願いを感じる。その願いが届くことを思わせる力がこの詩にはあると感じます。

  2. @こしごえ
    こしごえさまが仰って下さった「強い願い」、正にそれが描きたかったことだったので、読み取って下さり嬉しかったです。

コメントするためには、 ログイン してください。