雨は降らない

空を覆った白雲はいつしか
灰と黒とを塗した色へと変わった
雲の内、白と灰の混じった中で雷は
遠く近く、近く、近く、遠く
響いて唸り
獲物を定めた獅子のような声を上げる
今すぐにでも大地へと落ちてゆけるぞと
しかし、それでも、まだ雨は降らない

雷鳴を内に含んだ曇天は
辺り一面をうっすらと闇色へと染めた
強さを増した風が吹き荒れて
ようやく咲いた向日葵を毟り取る
ならばもう、
もう、
上から大地へと雫が落ちるだけだ
それなのに、雨が零れることはない

落ちてくる透明で大地を隠して
雨音で全ての雑音を掻き消して
そしてこの部屋を、
鋭く降る雨で世界から切り離して
早く、早く、だから、早く
願うように空を見上げても
それでも、雨は降らなかった

願いは届かない、空は自分を見てはくれない
雨の代わりか、瞳からは涙が落ちて
胸の中には冷たく湿った風が吹く

それでも、雨は降らなかった

投稿者

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。