高所恐怖症

高所恐怖症

私の猫背の中に
翼が埋まっているんぢゃないかと
ときどき不安になるのは
冗句なんかぢゃない

私の先祖の誰かが
かつて雷に打たれて墜ちたんぢゃないかと
余計なことを考えてしまうのは
比喩なんかぢゃない

私は土の星の下に生まれた
大地の上では自由だが
それ以上の夢なんか見ちゃいけない

翼はいらない
飛ぶことが怖くてたまらない

あああ

掌にびっしり汗をかきながら
こんなもの書くんぢゃなかった

投稿者

東京都

コメント

  1. なかなか撮れそうで撮れなさそうな一枚ですね。高所から下を見る高所恐怖は普通ですが、この写真を見て思うのは、下から上を見る高所恐怖ってのもあるということです。高い空に落ちていくような……

  2. 思わずくすりと微笑んでしまう詩ですね。
    3連続いて終連にまとまっていく、この流れが大好きです。
    いつも粋なものを拝見し、嬉しい限りです。

  3. 私も、高所恐怖症ですので、この詩の臨場感はわかります。臨場感が、そのままユーモアになっていますね。余談ですが、今、マンションの5階に住んでいます。…恐いです。

コメントするためには、 ログイン してください。