夕焼けを注ぐ湖上に吐息は止み
波を見守る横顔はふとためらう

愛はひとりふたり立ち去ると
その背は夕闇に呑まれ既に朧ろ

投稿者

茨城県

コメント

  1. シンプルに研ぎ澄まされていて、情景も見えるし、その奥にある色んなものも想像できるし、それに対して「凪」とタイトルつけるところも職人技な感じ。

  2. 気持ちや恋人が過ぎていく
    でも、心の水面はそれほど動かず
    淡々と

  3. 素敵ですね。

  4. @トノモトショウ
    さん ありがとうございます。意図的に自分の詩風を変えようとしており、いまだ五里霧中の状態です。日常のふとした瞬間に、自分でもよくわからない胸が締め付けられるような、郷愁に近い思いが湧くことがあります。それを捉えようとしているのですが。

  5. @那津na2
    さん ありがとうございます。下さったコメントはすでに「詩」になっておられますね。美しいです。

  6. @たちばなまこと
    さん ありがとうございます。何となくステキな美しい作品を狙って、月並みな言葉に堕すことのないようにしなくては、と思います。

コメントするためには、 ログイン してください。