俺ミーツ虚空蔵菩薩

こころの平安を取り戻さなければならない
真言を唱えて印を結ぶ朝
おんばざら あらたんのう おんたらく そわか
付け焼刃の知識で

ホットカーペットの温度は最適
頭から伸びたアンテナはいつも君に向かって伸びているのだけれど
今日はそれを宇宙に向ける
おんばざら あらたんのう おんたらく そわか
付け焼刃の知識で

主よ
私はどうなる?
私はそもそも曹洞宗であって
真言宗ではありません
イエス
あなたは私の罪をも背負って十字架に?
精霊のお導きによって

ああー
おんばざら あらたんのう おんたらく そわか
おんばざら あらたんのう おんたらく そわか

玄関口でぶつぶつと真言を唱えながら
下駄を履いた
黒いGパンに下駄というセンス
袴に革靴の坂本龍馬のセンス
こういうセンス

眼を瞑ってまた
おんばざら あらたんのう おんたらく そわか
おんばざら あらたんのう おんたらく そわか
光のスピードで君に会いたい

投稿者

静岡県

コメント

  1. ある意味真剣で、ある意味とぼけている、それはすでに真言の世界であり、わたしたちはすべからく、水面と水中の境目にいる、そして決して、空へは行けないのだ。

  2. コメントありがとうございます。深い考察。水面と水中の境目で、僕はもがきながら言葉を紡ぎたいと思いました。空を仰ぎ見ながら。

  3. 日本人は私も含めて日ごろからの宗教的意識が低い。ですからこの詩のように日常に突然真言が入ってくると、驚きと目新しさにハッとさせられます。

  4. コメント失礼いたします。

    最後の連に、ほろっと、笑みが浮かびました。
    瞑って唱えて想ってみる。
    すると君が浮かんでくる。
    そう、イメージが浮かんじゃいました(すみません)

  5. たかぽさんコメントありがとうございます!
    この真言は、占いに凝ってた近所のおじいさんに勧められて覚えていたものです(裏話)
    確かに日本人は宗教的意識が低いかもしれません。何故か私には身近でした。

    ぺけねこさん、コメントありがとうございます
    自分、煩悩の塊みたいな人間です 笑
    真言さえ君と結びつけちゃう

コメントするためには、 ログイン してください。