正直者は損をする

魅せる人は、見られるのが大好きです。喋る人は、聞かれるのが大好きです。
見る人は、見ることが大好きですし、聞く人は聞くことが大好きです。
一方で魅せることも、喋ることも、見ることも、聞くことも、好きでない人間がいて、その人たちは、見ている振りが大好きです。聞いているふりも大好きです。だから、一所懸命見たふりをし、聞いたふりをします。
魅せる人も、喋る人も、見たり聞いたりすることが大嫌いですから、彼ら彼女たちに向けて、一所懸命、魅せますし、聞かせます。
見たり聞いたりするのが嫌いだから、見せたり喋ったりする人と、見るのが嫌いだし、聞くのも嫌いだから見たり聞いたりしていたい人は、お互い阿吽の呼吸で大盛り上がりしたりします。
それを、見ていた、見るのが好きな人は言いました。
「お互いに見ていないし、聞いていない。だけど、見たふり聞いたふりをしている人のおかげで、見るのが嫌いで聞くのも嫌いで、喋ったり人に見られることが大好きな人はとっても喜んでいるみたいだ。邪魔はしないでおこう」
見るのが好きで聞くのが大好きな人は、そっと岩陰に忍び、お祭り騒ぎを横で見ている日々を送りました。
人々のお祭り騒ぎは鳴り止まず、大きな輪になると、ヒーローが現れて、こう見て欲しい、自分の言ったことをこう解釈して欲しいとアピールし出しました。
見るのも聞くのも嫌いな人たちは、面倒だからそのヒーローの言う通り、そう見たフリをし、そう解釈したフリをし始めました。
それを岩陰で隠れてみていた見るのが大好きで聞くのが大好きな人は
「あっ、そうか? こう見ればいいし、こう解釈するのがいいんだね?」
と本気で思い、自分もそう捉えようとしました。
その姿を見た、見るのも聞くのも嫌いだけど、喋ったり、聞いたりするのが好きな人と、見るのも聞くのも喋るのも、聞かれるのも嫌だから、見たり聞いたりしているフリをするのが好きな人々は、こう言いました。
「お前、正直過ぎなんだよ!」
岩陰に隠れて、人々を見ていた見たり聞いたりするのが大好きな人は
「えっ、そうなの?」
と驚き、今度は
「見たり聞いたりそれをどう解釈するかは人の自由である」
と、捉え直すことにしました。
すると、魅せることが好きで聞かれることが好きな人と、見るのも聞くのも嫌だから、見たり聞いたりしているフリをするのが好きな人々はフン、と見たり聞いたりするのが本当に大好きな人から目を背けてこう言いました。
「人の話なんか聞くな! 勝手にしろ!」
それを聞いて、更に驚いた見たり聞いたりするのが大好きな人は
「じゃあ、もうこの人たちから離れよう」
と、どこか遠くへ行ってしまいました。
隠して、見るのも聞くのも大好きな人がいなくなった村で、見るのも聞くのも嫌だから魅せて、喋る人と、見るのも聞くのも嫌だから見たり聞いたりしているフリをしている人々は、お互いに見せたら、都合のいいように解釈しあい、喋ったら都合のいいように受け取り合い、全員仲良しこよしで、平和が大好きな街となりました。おしまい。

投稿者

茨城県

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。