浴衣の君

夕暮れ時 河原を歩き
君の無邪気な笑顔に
夕暮れ色 穏やかに染まります

君の・・・
長い黒髪 結い上げた襟足が好き
ふと振り向き
笑顔を見せながら
首をかしげるしぐさが好き

ゆらめくわずかな風に
君の浴衣の裾から
のぞく素肌
恥じらいながら
私の顔を覗き込む瞳が
憂いて見えます

下駄の鳴る音

カランコロン・・・
カランコロン・・・
優しい響き
心穏やかに聴きながら
やすらぐ胸めぐらせます

過ぎ去りゆく
季節のきらめき
やさしい風のそよぐ音
感じながら歩きます

投稿者

神奈川県

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。