仕事を終えた男はタバコに火つけて
小さく開けた窓から夜風を招き入れ
紫色の煙をふ~と口元からはき出し
窓際の夜景を眺め・・・

あ~今日も終わったかと
ため息を吐きながら
心の中で呟く

先程までのオフィスのざわめきが
懐かしくさえ思えてしまう一瞬

何故か・・・
窓から吹き込む夜風が冷たく
身体に染み渡るのを感じながら
人々の行き交う光景をボ~と眺める

やがて男は
オフィスを後にしバスに乗る

車窓から眺める青夜景が
心身を溶かすのを感じながら
一時の空間に酔いしれると
同時に・・・

何故か
人生の空しさと侘びしさを感じてしまう

投稿者

神奈川県

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。