春の想い

幼い春の
柔らかき日射しを浴びながら
しなやかに舞う春の花

風は 花の匂いに染まり

桜 散りゆく・・・

咲く喜び 散る悲しみ

季節の憂いが
いつまでも 揺れている

ひろげた心のノートに
そ~と綴る言葉が黒く滲む

もう泣かない

くりかえし綴る おなじ言葉

どうして
あなたは行ってしまうの
私を残して・・・ 

あの時の事 思い出しながら
心のノートを眺めた

やさしい抱擁に涙ぐんだ日
潮風の愛に包まれた海
二人で眺めた夜明けのすみれ色

そよ風と光りに包まれ
川のように
静かに流れていった
眩しい思い出が
幻のように崩れてゆく

私には あなたの風が必要

風にゆれる

大きな愛に包まれ
優しく揺れていたい優しく揺れたい
握りしめた手の温もり
一緒にいる時間だけ
ず~と感じていたかった

夢の中でみた・・・あの色

あの色を求めて
夕焼けの色に涙し
いつしかあなたの胸で
泣きながら眠ってた

時の刻まれる音も聞かず
時の過ぎ去る音も聞かず

愛に燃えた
心が揺れた
涙が流れた

木の葉が散っても
二人の愛は散らないって
云ってくれたあなた

振り向いて下さい・・・

私の愛は 風になり

季節と季節を繋ぐ
花びらといっしょに
大切な言葉を添えて
星の涙に濡れながら
遠い
あなたの住む街に届けます

投稿者

神奈川県

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。