蛇の舌

 一時間ほど止まないかもしれない
 路面に跳ねる雨しぶき

 ショッピングセンター出入り口の側
 売場フロアーから流れてくる冷気で落ち着き
 ふと 気付くと
 丸みのあるヒップラインの高さに目を
 奪われていた

 ニュートラルグレイなタイトスカートと
 サマーブラウスの白が
 マスクを着けている横顔を聡明に印象づける
 黒のヘアゴムですっきりと
 束ねられた髪がうなじの素肌へ眼を誘う
 
 手中のスマートフォンへ忙しげに指先を
 滑らせていた彼女
 コンパクトな黒のショルダーバッグから
 折りたたみ傘を取り出すと
 人だかりを抜けた

 急に ここに居ることが
 つまらなくなってしまった

 それにしても
 繁吹き雨よ

 小走る女の
 細身な背の影が、一匹の
 カエルと化し呑み込まれてしまった

 

投稿者

滋賀県

コメント

  1. 現実的な情景が最終連で一気に幻想的なものに変わり、謎めいた題とあいまって印象に残りました。

  2. @たかぼ
      たかぼ様へ 
     お読みくださいましてどうもありがとうございました。
     ご感想をいただいて、とても嬉しく思います。

コメントするためには、 ログイン してください。