夜のプール

夜のプール

夜のプールで
水音だけ響かせ
泳いでいたのだ
足がつって
息苦しさに気が遠くなる
魚になりたかった

暗い水底どこまでも落ち
全ての境界があやふやになる
開放は絶望のかわいい双子
僕はだから水底を泳いだ
ターンしてまた掌が水を掴む
静寂の抱擁
どこまでも浮かぶように沈んでいく

やがて魚は冷え切った月と会い
ねえ、少し休んでもいい?
疲労で痙攣する背鰭を脱ぎ捨て
凍るような眠りに落ちる
捨てられたそれは虹色の夢だった
夜のプールにて

投稿者

岩手県

コメント

  1. 解放と絶望が裏表であることを語れるのが、すごいと思います。

    この詩に描かれている位の疲れが世の現実にあることを思い、考えさせられます。

  2. 写真とタイトルの組み合わせがツボです。
    特に写真がいいです!
    ものすごく好みです!

  3. 夜のプール、興味深いテーマですね。詩のテーマはさまざまなところに潜んでいます。魚と月との出逢い。ちょっと艶っぽい…。

コメントするためには、 ログイン してください。