夜に想う

寝室の灯り
消すと月あかりのようにしばらく浮き上がる白さ

隣で眠る人が変わって
ああ、こんなにも大事な人がこの世に存在するなんて

本当の月
差し込むあかりが寝室を薄っすらと白く染めて

元々いたもうひとりも眠っていて
ああ、こういう人たちで良かったなと安心する自分

この人がいてこの子がいる

どんな形でも
どんな人たちでも
わたしたちはわたしたちだ

投稿者

茨城県

コメント

  1. 女の詩から母の詩になったのかと思うと、なんだか感慨深い。ウチの子はもう10歳になるけど、未だにパパと寝たがるよ。

  2. ざわついていた心が静かに、穏やかになることができました。
    特に、「本当の月」という部分に、しびれました。

  3. 大事な人たちを想うことと、
    どんな形でも/どんな人たちでも/わたしたちはわたしたちだ
    という想いがすてきです。

  4. 人との関係性も優先順位(こういう言い方はよくないのかな)もその時は絶対であっても、変わる。
    変わることこそ絶対だから、それが安らぎであればよいなあ。

  5. 温かい気持ちになります。

  6. 夜の大事なひとりごとを聞かせていただいた感じです。 (^^)

  7. 安息の詩でした。

  8. 人が生きることの、平穏だけれども、尊い気持ちが伝わってきました。

  9. かさねさん!
    視線がやさしくて、眼球が震えました。

コメントするためには、 ログイン してください。