ごめんね、お兄ちゃん

最後尾にいる人間にしか、言えない真実がある。
本当はみんな、愛されたいとしか思ってないんだよ。
人を愛そうなんて、全部偽善なんだ。
僕のお兄ちゃんは、ずっと人を愛そうとしていた。
だけど、それを見ている僕には、愛されたいと思っているとしか、思えなかった。
それが出来なかったのは、多分僕がいたからだよね。
ごめんね、お兄ちゃん。

投稿者

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。