フェミニストは、残酷だ

僕は、若くて可愛い女の子に昔から冷たい
若くて顔が良ければ、男が放っておくわけがない
僕が冷たくしようが、なにもその子に問題は起きないはずだ
本当に優しい人間というのは、女に冷たく、男に優しいものだ。
若くて顔がいい女性が、道で倒れて誰も見向きもしないなんて言う話は聞いたことがない
これが男なら、顔がよかろうが、頭が良さそうだろうが、好き放題放っておかれる
女が金を作る力のある男に群がり、作れない男に冷たくする。
男と女では、これだけ扱いが違うのだ。
道端で倒れている男がいても、放っておく癖に、フェミニストは
女性の人権人権と声高に叫ぶ。
本当の弱者は助けようともしない。フェミニストは残酷だ。
本音は、弱肉強食賛美なのに、ボランティア的なものを声高に叫ぶ偽善性を内に秘めている。
それが男には怖い。
男は幾つになっても若い女に優しくされたいものだと思っていたが
歳をとると面倒臭くなるものなのだろうか。
こいつらを喜ばすために俺らは若い頃頑張った。もう疲れた飽きた。
そんな感じなのだろうか?
女より楽しい知的ゲームを自分で持っているお年寄りがいたら魅力的だ。
日本には、立川談志以来、クリエイターが消えたように思えてならない。
デカパイ姉ちゃんと、Hするより楽しい知的内容を持った遊びを知らない男を
真の芸術家とは言わないし、男とも言わないだろうに。

投稿者

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。