ブライアンエプスタイン

ブライアンエプスタイン。今はあまり多く語られない男だが、ものすごく偉大な男だ。
ほとんどの人は自分の見識で他者や物事を見る目を持たない。
彼は無名時代のビートルズをキャヴァーンというライブハウスで見て、なにかを感じ、彼らに声をかけて、売り込み始めたんだ。そしてマネージャーになり、ビートルズは成功した。
ブライアンはジョンレノンに恋をしていたという。
僕は可愛くて優しい男に惚れる男の想いがわかる。
ブライアンはポールよりジョンに可愛さや優しさを見た。
ジョンは女性に暴力を働いたというが、彼が反発していたのは、男性主義的な女性に対してだと思う。
オノヨーコはブスだが、彼は決して彼女に暴力を働かなかった。
それは彼が女性に対しても誰に対しても、心理的なつながりを求めていたことの現れだと思う。
肉欲が優先すると、美形を優先して、ブス蔑視になる。
ヨーコがそれほどのブスかは分からないが、男性からすれば許せる範囲である。
真の男はブスが嫌いなのではなく、生理的なだらしなさを嫌うのだ。
つまり清潔感第一なのだ。清潔ではない。清潔感が大事なのだ。論理的な潔癖を通せる人が好き。
これが男である。
男の子というのは誰もが好きなのです。女の子もそう。同性愛でも固執性のない同性愛と言うのがある。
強姦は心理的な繋がりより肉欲を優先しているため、男の子女の子双方から受け入れがたい行為です。
僕は、強姦行為は暴力よりよほど残酷で残忍なものだと思う。
ジョンは暴力は働いても強姦はしないと思う。僕はポールだったらやりかねないと思ってる。
セックス全般に対しジョンは潔癖過ぎるとポールは言ったが、本音ではポールの方が差別主義者だ。
僕を見るお年寄りの目に時折好色の目を見る。父親もお前は男に惚れられやすいから気をつけろと言った。
女は僕に友達を見る。男をあまり感じないのだと思う。
日本女性は、男性中心主義に骨から屈服している癖に、セクハラセクハラと煩い。
僕からすれば人間なんて大なり小なり皆悪魔だ。
それでいて僕は自分のことを天使だと思っているし、その僕をレイプし続けた人々も同じようにレイプされていることを知っている。
鞭よりも飴の方が怖い。ほとんどの人は鞭よりも飴によってレイプされている。その素直さがイラつくのさ。

投稿者

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。