とっておきジョーク集

① 人と仲良くすることが難しいお父さんが僕にこう言いました。
「お金持ちになりたーいん」
さて、そのお金は誰が運んでくれるんでしょうか?

お父さん。毎日、人と会話もせず陰謀論漁り。
「1%の人間を退治して、大衆を奴隷から解放するんだー。正義の味方が悪をやっつける。アーンパーンマーン」
それを聞いていた息子が、こう一言。
「お父さんそう言う幼稚なのじゃなくて、もう少し高級な話がいい」

② とっても可愛くて、いたいけで嫉妬深いお父さん。
人間は感情がすべてだと、言います。理性はないんですか? と息子が尋ねると、たった一言、こう答えました。
「うるせえ!」
お父さんこれで結構勉強出来る方だったんです。

③ とっても頭が良くて、怖いお父さんにはとっても頭が良くて怖いお兄さんがいました。
お兄さん毎日頭の弱い弟をいたぶって楽しみます。
ある日、外で放火を起こして逮捕され、精神病院に入れられました。再入院。
行き先はどこに入れるか親が悩んでいると、いたぶられた弟がこうアドバイスします。
「茨城にある、精神障害者のグループホームがいい。内海さんて言う人が経営している。コロナワクチンを打ちたくないスタッフが集まって、利用者にはバンバン打たせてる。うんこして自分で始末出来ない利用者がいる。あそこならお兄ちゃんの天国だ」
そこで、得た体験を元に書いた詩です。レアな障害者の末路を描きました。
「不誠実」
と言う詩です。

「不誠実(詩を読む)」

④ 20歳のウブな障害者が、健全な若者に、メールをしたいと言ったので、あまり乗り気じゃないと返事したら冷たいお返事。慌てて、メールを承諾すると、それから日夜、友達アピールの連続。
「ずっと友達でいようね」
とメールが来た辺りから、健全な若者は切れ、それから反撃すると、女はなに一つ反論出来ませんでした。
貴方は一体? なにを私にしたかったの?
「sexだろーよ、バーカ!」
本当のところは、わかりません。

⑤ 頭のおかしい人には、頭のおかしくない病院の先生がいて、如何にこの人たちが頭がおかしいままにしておくかを一所懸命考えています。そうするとお薬がたっぷり売れますから病院が賑わいます。
障害者のグヘヘへという笑い声笑顔も、病院の先生には大好物。今日の朝ご飯はオムレツと、障害者の『ぐへへへ』くださーい。くらい病院の先生の大好物なんです。夕食のお供は、ラブホテルで、病院でたんまり稼いだお金と、恋人とのナースプレイ。シャワールームではたっぷり、体を洗い流して頂いて、ホテルで見るAVは是非、障害者のグヘヘへ、アへへへ、うへへへは流石に遠慮しまーす。

意外と、生理的には嫌だったりします。やっぱり障害者は金ですかね?

⑥ 障害者施設で長く続けられるご立派な障害者とはいったいどう言う人なのでしょうか?
田舎で楽しくお仲間と過ごす高橋さん。バレーボールの試合が終わると、体育館の中で、床にペッと唾を吐きます。施設のスタッフに伝えると
「後で注意しておきます」
と一言。みんな高橋さんが大好き。施設生活二十年。障害者施設に長くい続けられる人の鏡です。

⑦ 精神障害者のお兄ちゃんは、頭が良くて、音楽を聴くとその音がなにを言っているのかがわかるのだそうでございます。ある日弟が、お兄ちゃんの前で、机をこんこんと叩き
「お兄ちゃん、この音はなにを言っているのか教えて?」
と伝えると
「その音は、俺をバカにしている音だ」
と一言。本当は、あまりに怖くて、お兄ちゃんにそんなことは聞けません。バカほど怖いものはない。
ただ身内は離れることが出来ない。放火事件は被害者もなく結果的に良かったのです。

⑧ お兄ちゃん。テレビ見ながら、テレビをバカにし、机の上に足を乗っけます。
「お父さんこのアホにお行儀の悪さを注意して」
とお願いしても、お父さん知らんぷり。
「うるせえ、黙っとけ」
いけてるお父さんとお兄ちゃんで、格好良く反抗しております。外でその態度を貫けたらご立派。内弁慶。一体誰に向かって反抗していたのでしょうか?

⑨ お兄ちゃん。自殺しようとして薬を一気飲みし、命拾いすると、病気が認められて命拾い。
ただ、薬漬けになると心が歪んで、息が荒くなる。毎日近寄られて息をバンバン当てられて、親に苦情を言っても逃げられない弟。お母さん、二人は仲よくていいわねえと笑顔満面。苦情を言うと渋い顔を見せ、猛反撃。仲良くしなさい、とお説教。お兄ちゃんは本当はお母さんの愛情が必要なんだと思う、と弟が言う。夜一緒に寝てあげたら? と言うとそれは出来ない。内心生理的に嫌がってる。なのに言葉では弟と同じ可愛い息子。ご立派なお母様は今日も元気に働いております。

投稿者

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。