064

064

マンションの壁面に宿った
真冬の枯木立あるいは
悩める左脳の血管造影画像

執拗な風雨に晒されても
コンクリートの平面に
蔦は日々を描き続ける

人の暮らしが届かない背中で
意識と無意識の非武装地帯で
蔦はひたすら企み続ける

人は時間を掻い摘んでしまうから
蔦の切実な一分一秒には
残念ながら気づきようもない

ようやく人が気づく頃には
蔦は人の緻密と努力の外面に
見事なアートを創り上げようとしている

まったく
素敵すぎる人の敗北だ

投稿者

東京都

コメント

  1. 私は失語症なのであまり分からないんですけれども ・・・

    『ひらがな』と漢字』と『写真』 コラボレーション。

    完璧です、お見事です。

    失語症になると、『ひらがな』 がわからないので。

    すごく見やすい。

    本当にすごいです。

  2. この写真は!…私の想像及ばぬものでした。(・・;)まさかこんな蔦だったとは!
    先に拝読させていただいた「凄さ」と、作品への驚きにまた違った感動があります。
    これは詩にしたくなりますね、本当にお見事です。^ ^

  3. @北杜アトム さん
    >コメントありがとうございます
    「ひらがな」が見辛いのですね。それはさぞかしご不便でしょう。
    改めて読み返すと、確かにこの詩は漢字が多いようです。
    写真詩という形をとったのが良かったのかもしれません。
    お褒めの言葉、有難うございました。

  4. @リリー さん
    >コメントありがとうございます
    この景色は以前から気になっていたのですが
    ようやく言葉になってくれました。
    もしかしたら、写真は蛇足なのかな、と迷いましたが
    驚いていただけて良かったです(笑)
    長く書いているとどうしてもマンネリ化してしまいますが
    写真を撮ることによって、良いきっかけをもらっているようです。

コメントするためには、 ログイン してください。