せめて最後に
一つ痕をつけてほしいのです
貴女から離れていくから
もう逢うこともないだろうから

血が滲むほどに
刻み込むように

貴女の隣に
少し並んでいられた思い出を
たった数日でいいのです
噛みしめさせてほしいのです

涙が滲むほどに
忘れないように

せめて最後に__

投稿者

京都府

コメント

  1. 初めまして。

    せめて消えない名残を残したい、という願望は君にとってどう映るのでしょうか。
    相手への思いの丈を、ちょっと陶酔した感じで話すのが好きです。

コメントするためには、 ログイン してください。