創世

自分自身の世界の扉を
そもそも概念から消して
かろうじて窓と天気だけを残し
引きこもりの神は詩を書いた

人々が余りにも争うから
人々が余りにも偽るから
人々が余りにも間違うから
人々が余りにも憎むから

神の住む大樹の周りには
信者が築いた社があって
収穫後には大きな祭をする
眠らない神は筆を走らせる

人々が余りにも眩しいから
人々が余りにも悲しいから
人々が余りにも苦しむから
人々が余りにも寂しいから

神が喜んだと信じている
窓の向こうの嬌声に微笑んで
神は行ったことのない外の
感謝と祭をじっと見ている

投稿者

神奈川県

コメント

  1. ひきこもってる神様っていうのはいいな。そのくらいの距離が人間にはいいと思う。
    人間はそもそも神にすがったり求めたりしていたのではなく、ただ崇めていただけだと僕は思っています。

  2. 王殺しさん

    育ってきた環境の中には、おぼろげな信仰心しかないというか、
    ただなんとなく困った時に縋るものが、神様でした。

    そんな、よく知らない自分にさえ、今では怪しい響きに聞こえるのが物悲しい所です。

コメントするためには、 ログイン してください。