いびつ

過ちを忘れるように
不義理の子として捨てられた
ひもじさが生きることの全て
兄弟達は売られて消えた

醜さゆえに買い手が付かず
街に行けば仕事にありつけると
山道を北に向かって下り
最初の路地裏に落ち着いた

傷付いたのどが嗄れるまで
世界を愛しているとほらを吹いた
路地裏の除け者は喜んで
幸せそうに耳を傾けてくれた

最期に感じるものは
温かくて柔らかい手だといいのに
夜になり目を閉じると
恐怖で震えが止まらなかった

やがて私も気付くことになった
この世にねずみなんて存在しない
ただ人をごみにして捨ててきた
くそくらえな神がいるだけだと

もしかそれが神でなかったとしても
親でなくて良かったと思った
どこでどんな風に死んでも
人が人を殺すよりは幸せな気がした

除け者達の目が好きだ
目隠しにさえ気付かない
灰色をした曇った目には
醜い私が映らない

投稿者

神奈川県

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。