うらぶれた町の中心の
やけに込み入った細い路地の一つに
その店は居を構えています
いつからあったのか
もう誰も覚えていない位昔から

元はとある宗教団体の
小さな聖堂だったと
町で一番の物知りの長老は言いますが
彼が生まれるよりも前に
既に店はそこにあったとのこと

悪魔が住んでいるとも
一度立ち入ると二度と出られないとも
二三百年前に失踪した子供が
年老いもせずにそこから現れたとも
噂は伝え聞こえてきますが
本当の所は誰にも分かりません

ただ一つだけ確かなことが
その店はこの世の死を扱っているのだそうです
明け暮れる日々に疲れた
泥まみれの手をした人々の為に
美しい末期の夢を売る
生き方を選べなかった全ての畜生
店の扉は開いています
そう微笑む青年が一人
聖書を片手に佇んでいるのだそうです

投稿者

神奈川県

コメント

  1. コメント頂けると嬉しいです。

  2. どんな死が扱われているのか窓から覗いてみたいお店でした。
    入ると自分も死になりそうなのでやめておこうかなって。

  3. 読後、ちょっと考えてみました。…このお店を覗いてみてもいいかな、という気持ちになりました。「死」は、たぶん生の裏返しではないんですね。じゃあ、何だ、と問われたら、わからないのですが。とにかく覗いてみよう。

  4. たちばなまこと/Mさん

    おいしいお茶とお菓子でお客を満足させてから、
    片付けて夜寝る前に今日言えた気の利いた冗談を振り返る。
    少しは笑ってくれたかな、と思いながら瞑目する。

    マニアックな個人経営の雑貨屋みたいなお店だと思います。
    あえて客引きや広告などはしないのでしょう。
    コメント有難うございます。

  5. 長谷川忍さん

    生きていたいという人には絶対に見付からない所にあるのです。
    逆にそんなものを売られたら困りますからね。
    自分にとっての最良の死とは何か、考えて貰えるのが店主の幸せ。
    どんなに邪悪な思想を持った人でも、その夢は春の草原のように爽やかだそうです。
    何を望んで死を探しているのか、私は入ってしまうと思います。
    コメント有難うございます

コメントするためには、 ログイン してください。