愛の宣誓

三毛猫が突然泣くみたいに
呟くくらいの声で
薄闇を壊さないように
夜明け前に1人丘に立ち
爪の先から冷えるのを感じているから
もう、ここらでいいだろう

歪んだ蛍光灯、淡いプリズム
浜で鳴く砂、杖のない不自由な足

そんな私が、今、愛を誓う
そんな私は、今、愛を誓う

お寺の奥には600年前のお坊さん
誰がこの世の真理を知っているだろう
彼でさえも知らないのに
雨晒しの城跡に2人立ち
消えてゆく夜も太陽も見たから
もう、この辺でいいだろう

苔むした石、裂目から大樹
暖かい氷、溢れ出すシクラメン

そんな私が、今、愛を誓う
そんな私は、今、愛を誓う

投稿者

奈良県

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。