微睡みの中で

うつらうつらと舟をこぎ
自分の瞼をみるころに
浮いて沈んで漂って
どこか知らない場所へ行く

輪郭がぼやけた僕が
世界との境界線を失えば
僕は僕を手放せる

夢とうつつの境目で
自分を忘れてしまいたい

投稿者

京都府

コメント

  1. 眠りの中でのみ自分を手放せるという感覚、すごくよくわかるし、上手く表現されているなぁと思いました。
    これすごく好きです。

コメントするためには、 ログイン してください。