Thumbs up

僕は親指を立てて
あなたの顔に、見せる

しばらく忘れていた
Thumbs up の合図を
あなたに
僕に
この夜に

フェイスブックに
ツイッターから
インスタグラムまで
誰かの反応に飢えていたから
たくさんの「いいね」も嬉しいけれど

今夜
僕等の間で生まれる
リアルな Thumbs up ほど
嬉しいものはない

産声を上げた
あの日から
誰もが Thumbs up な命
だった

2022年の寒い春を生きる僕等が
少々タチの悪い風邪にマスクをしながら
尺度の無い情報に振り回されて
自らの内に宿す
歓びの根源を忘れませんように

今も互いの血を流し合う国の戦場に
一刻も早く
平和を念ずる人々の風が
届きますように

この街の何処かで
独り彷徨(さまよ)う名も無い人が
笑顔を交わせる誰かと
出会えますように

僕はあきらめないだろう
日々のあちらこちらに見出す
Thumbs up な場面の輝きを

今、この親指を立てる

お互いの日々を密かに結ぶ
Thumbs up の合図を
僕自身に
あなたに

これから織り成されるだろう
僕等のまっさらな
明日に

投稿者

東京都

コメント

  1. 服部さん、この詩を読み、とても嬉しくなりました。私も、親指を立てます。
    Thumbs up (^^)

  2. ありがとうございます。
    僕も親指を、立てます(^^)

コメントするためには、 ログイン してください。