羊飼いの夜

おさなごも仔犬も猫もみな眠る
夜明けまえのしずけさのなか
辞書にのっていないことばで
この世界に祝福をあたえる

冷蔵庫の扉をひらくと
星のない夜の焚火みたいに
ささやかな光がキッチンにこぼれて
歩き疲れた旅人が傍に腰をおろす

ひときれのパン
コップ一杯のミルク

あなたは
遠い国の会ったこともない誰か

わたしは
小さな島国の名もない誰か

わたしたちは
辞書にのっていないことばで
誰も知らないうたを口ずさむ

ここには
銃声も悲鳴も届かないから

目をとじて
ちいさな青い花が
ゆっくりと開いていくところを
思い浮かべることができたら

おやすみなさい

あなたはもう
どこにだって行けるから

おやすみなさい

投稿者

大阪府

コメント

  1. この詩から 優しさと勇気を頂けます。すてきな詩をありがとうございます。

  2. おやすみなさいが、永遠の離別を想像させられるのは俺だけでしょうか…。

  3. @こしごえ さん
    ありがとうございます。
    タイトルを決めるのにずいぶん悩みました

  4. @BENI さん
    そこは読み手に委ねます(にっこり

  5. なんと情感豊かな詩なんでしょう。眠れずに深夜のキッチンで出会う夫婦の日常風景なのか、あるいは片方はもうこの世にいないのか。羊が1匹、羊が2匹…あるいは数えて眠るのは電気羊なのか。辞書にのっていないことばがイメージをとてつもなく増幅させるブースターの役割のようです。

  6. @あぶくも さん
    なるほど、という感じです。「眠れずに深夜のキッチンで出会う夫婦の日常風景」、そういう物語としても読み取れますね。自分の書いたものを、新鮮な視点で見ることができてうれしく思います。

  7. 辞書にないことば、誰かと語り合いたくなりました。

コメントするためには、 ログイン してください。