ひざかりの中で

真夏の暑さがうるさくて
六畳間にはチラチラと
光が差し込んで
ぼくたちを照らします
夕闇がもうすぐ来るのが怖くて
風邪がうつるかもしれないのに
あなたにキスをしたんです
燃えるような唇を押しつけて
あなたにキスをしたんです

欠け湯呑みに注がれた水の香りが
いつもより強く鼻を打ち
僕とあなたは黙って
通りを見つめます
辺りを包む静けさが怖くて
風邪がうつるかもしれないのに
あなたにキスをしたんです
熱い熱い指をあなたの冷たい指に絡めて
あなたにキスをしたんです

風邪がうつるかもしれないのに
咳をこらえながら
めまいを感じながら
あなたにそっとキスをしたんです

投稿者

奈良県

コメント

  1. 夕闇が怖くて
    くちずけ
    でも本当は、求めている

コメントするためには、 ログイン してください。