好き 嫌い 好き

好き
晴れている夕暮方の西の空の蒼さが好き。
蜩とウマオイとこおろぎの歌声が
闇夜に光る月が
ぽっかりと浮かぶ雲の流れが
好き

楽しもう
楽しめなければ
味わいたい。
どのような物事にも
何かしらの味がある

嫌いな存在や物事は
嫌いなのでここでは言いたくない。
嫌いな存在や物事は嫌いです

でも 難しいかもしれないけれど、
嫌いな存在や物事も
こころの糧に出来れば すてき。

好き
あなたが幸せに気付くことが好き。

とはいえ、
好き嫌いについても複雑な思いがある。
あなたの好きな存在や物事と私の好きな存在や物事は
ちがう ちがって当り前だが、
あなたと私の好きな存在や物事が同じ場合は貴重だ。
色々な存在や物事を 好き 嫌い 好き

投稿者

新潟県

コメント

  1. 夏の夕暮れが夜が
    あの雰囲気が
    貼り付くような湿り気が
    それらが少しハレタヨウナ
    そんな気がしたり
    ふと、夕立が来たり

    嫌なことも好きなことも全てバイオリズムのように波打って
    飛行機雲が
    夜を始めて

    嫌なことも乗り越えたような気に少しなって、眠りたいです

  2. @那津na2
    さんへ この詩から、那津さんが色々に情景などを思い巡らせてくれたようで とてもうれしいです。
    那津さんが言ってくれるように、それらの物事が世界で起きていて、それと共に自分の思いや感情なども巡っていく。
    たとえば、嫌なことをこころのバネに出来たらすてきかも。お互いに、一日を終えて眠りにつく時、ああ 今日も一日をなんとか終えられた、と安心したいですね。
    那津さんの詩のような すてきなコメントをありがとうございます。

コメントするためには、 ログイン してください。