落日

日が陰ると
心がしゅんとする

冗舌だった今日が
急に黙り込むと
寂しさが光り出す

薄い陽だまりを
布団をかけるように
影が覆って行く

夕陽が空の隙間から
そわそわと
落着かない素振りを
見せ始めると

地平線が
大きな口を開けて
赤卵のような夕日を
ぱくりと
飲み込んだ

投稿者

コメント

  1. 赤卵のような夕日
    良いですねえ

コメントするためには、 ログイン してください。