めぐすり

メトロポリスの地下室で
 愚鈍な僧侶が言いました
  素敵な夢を見るために
   リスクを背負うのが人生だ

瞑想しましょう そうしましょう
 ぐずぐずしないで やりましょう
  素敵な嘘をつくために
   リズムに合わせて泣きましょう

メシア気取りの禿げ坊主
 寓意も知らずにつらつらと
  筋書き通りに講じるが
   理論も何もありません

目薬させば誰にでも
 グレイの世界が広がって
  進めば いつしか桃源郷
   「リベラリストの口癖か?」

[TONOMOTOSHO Rebirth Project No.004: Title by 社長]

投稿者

大阪府

コメント

  1. 大晦日のアクロスティック祭ですね。
    僧侶、瞑想、禿げ坊主…からの桃源郷ですか。
    目薬さそうっと。

  2. 目薬をひらがなで「めぐすり」という題にして、この題は色々な意味に取れますね。
    この詩の各連の行が斜めにしてあるのが一つの工夫でしょうね。おもしろいです。

  3. 追記 各連の行の頭が「め」「ぐ」「す」「り」という並びにしてあるんですね。これも一つの工夫ですね。
    まだまだ、私には捉えられない工夫などがしてあるのでしょう。ん。

  4. 皆さんのコメントを読んで、あ、迂闊だったと(笑)
    リズムに引き込まれてしまいました。
    ドライアイの目薬でも大丈夫でしょうか?

コメントするためには、 ログイン してください。