春の日に

春の日に

     
     あなたが
     残して行ったもの

     俳句を連ねた
     小さなノート
     若山牧水の
     歌集
     漱石の
     虞美人草
     表紙がぼろぼろの
     新約聖書と
     古い写真の中の
     やわらかな微笑み

     かつてあなたが
     夫を見送った夜
     持鈴を鳴らしながら
     歌った歌が
     いま一度
     あなたを見送る
     私の耳に聴こえて来る

       あなたに伝えたいことがあります
       かつて私が
       黙って本棚から持ち去った新約聖書
       その栞にあなたが記していた主の祈りを
       今も暗唱できます

     呼び掛けても
     もう届くことのない
     春の日に

     澄んだ響きの
     巡礼歌を歌っている
     あなたは
     いま
     何処にいるのですか
                                                                          

                                                                        

投稿者

広島県

コメント

  1. 春の穏やかさと、「あなた」の中に潜むちいさな哀しみを想ってみました。漱石の虞美人草と、旧約聖書…。想像が膨らみました。虞美人草は、好きな小説です。

  2. 長谷川 忍さん、コメントありがとうございます。母の死後、私としてはあったことをほとんどそのまま書いたという感じの作品です。持鈴を鳴らしながら歌った巡礼歌とは御詠歌のことで、仏教(曹洞宗)です。そこにキリスト教の聖書も出て来てどうかな……とは思ったのですが、この際、宗教の違いはあまり気にしなくていいかも知れないと思いました。
    長谷川さんのお心に少しでも触れることができて良かったです。

  3. 写真がすごくすごくすごく好きで、何度も見に来てしまいます

  4. イチカワナツコさん、コメントありがとうございます。四国八十八か所お遍路の写真です。
    気に入ってもらえて良かったです。

  5. 桜と奥の丘のような小山
    本当に心に刺さる画です
    呼びかけてももう返事のない
    そんな寂しい日々を癒すような
    表すよな

    素敵です

  6. ああ、お遍路さんの時の画なのですね
    尚、感慨深い

  7. 那津na2さん、コメントありがとうございます。桜はもう散ってしまいましたが、今日17日(日)はいい天気ですねえ。全国的になのかな。
    地方小都市のマックにいますが、どの窓から見ても空に雲が一片もありません。水色に近いブルーです。何かいい詩が浮かんでこないかな(こない!トホホ)。気に入ってもらえて良かったです。

  8. ありがとうございます
    まっさらな青い日には浮かばないものなのかも!
    嫌なやつに会った次の日の方が
    (笑)
    詩は浮かぶかもしれませんね

    でも、地方都市のマックというだけで
    何故か詩的

  9. 「あなた」を思うこころが純粋ですてきです。
    写真も日常の中のドラマを表現していて好きです。

  10. こしごえさん、純粋と言ってもらえてなんか恐縮してしまいますね。こしごえさんの作品にこそ、とても「純粋」な佇まいを感じているものですから。ありがとうございました!

  11. 残された体温たちがさみしくてきれいです。

  12. たちばなまことさん、残されたものを、桜の花も含めて、体温という身体性から把握された比喩で語っておられると受け取りました。気づきをありがとうございました。

  13. こころに沈んでいく言葉たちでした。温かくて、なつかしくて、もう戻れなくて。。

  14. ザイチさん、この上なく嬉しいお言葉です。お心に触れることが出来て良かったです。
    ありがとうございました。

コメントするためには、 ログイン してください。