サチコさん2

夕刻の上野公園を
ひとりで歩いた。

西洋美術館が
リニューアルオープン
自然と人のダイアローグ展を
ゆっくり観た
美術館を出たところで
分身と
ばったり再会した。

分身ではないと
サチコさんは拗ねる
黙って
後ろをついてくる。

噴水広場で
台湾フェステバルが開かれている
会場にはどこか郷愁があった
一緒に
焼酎の梅割りを飲みながら
まんざらでもなさそうだ。

郷愁感、かな?
 恋愛感情よ
   それは女性の場合でしょう
  だって女だもん
    分身じゃなかった?
  …そうだけど
  相棒でどうだろう
 恋人がいい
   内縁の妻とか
  こら!

紫陽花の咲く坂道を
動物園通りまで下りていく
ヤマボウシの花も咲いている
きれいね
また微笑んだ。

分身のはずだったが
だんだん
横顔の輪郭がリアルになってくる
一人遊びといってしまえば
まあ、それまでだ。

一人遊びじゃないよ
サチコさんが
また拗ねている。

投稿者

東京都

コメント

  1. 5月20日に投稿しました「サチコさん」と合わせて読んでいただけますと、嬉しく存じます。m(–)m

  2. 出たー、来たー、サチコさん。
    やっぱり上野は良いよなぁ。今度行くことあったらサチコさん連れてそうな長谷川さんらしき人を探してみます(^^)/

  3. サチコさんシリーズきたぁー!

  4. 「サチコさん」をまず拝読してから、「サチコさん2」を拝読しました。
    サチコさん すてきでたのしい存在ですね。「サチコさん2」ではサチコさんのお人柄などがより具体的に鮮明になっていて すてきです。
    長谷川さんとサチコさんの会話により、おふたりの親しさの様子がこの詩から伝わってきます。
    上野公園好きです。
    長谷川さんとサチコさんがふたりで歩いたりしていて その場の雰囲気・空気感も合わさり、この詩を読んでいて こころが和みます。サチコさんと長谷川さんの関係性とその場その場の情景描写などのバランスが絶妙だと感じます。

    長谷川さんはサチコさんと自覚的に付き合っていて、見ていてなんだか安心してふたりを見ていられます。長谷川さんとサチコさんはすてきな関係ですね。

  5. @あぶくも
    あぶくもさん、「自然と人のダイアローグ展」、佳い展覧会でしたよ。不忍池は、今、蓮の花がきれいです。サチコさんと、こっそりデート?して来ました。(^^)

  6. @スモーキンビリー
    スモーキンビリーさん、小説家諸氏は、こんなふうに登場人物と付き合っているのかな、などと想ったのでした。…想像力かなあ。

  7. @こしごえ
    こしごえさん、一人遊び、ではあるのですが、想像の具合によって意外?な展開があったりしますね。シンプルな小説(ライトノベル風)のような感じでしょうか。もう少し仲良くなってから、彼女を主人公にして短い物語が書けたら、などと企んでいます。…すでに、サチコさんから、早く私を主人公にして小説を書け! とせっつかれていますが。

  8. とてもワクワクして読ませていただきました。
    なんだか長谷川 忍さんのサチコさんの輪郭が益々顕になっているんじゃないかしらと勝手に想像しちゃいました。

    最近、バタバタして、ぼくの相方?拗ねてるみたいです。
    どこかゆっくりお出かけしようとおもえました。

  9. @ぺけねこ
    ぺけねこさん、こういうデート?も、よいかもしれません。サチコさんは吞兵衛です。私のほうが先に酔いつぶれてしまいそう…。ぺけねこさんも、相方さんと、ゆったりお過ごしくださいね。

  10. 長谷川さんのお散歩がいつも色とりどりなのは
    サチコさんのせいなのですね。羨ましいです。
    私の独り歩きにはたまに父親がついて来るので
    やるせないです(笑)

  11. @nonya
    nonyaさん、普段は、しかめっ面?で詩を書いていますが、この詩は楽しんで書きました。…もっとも、サチコさんにはいつも突っ込まれています。私はボケ役。時々突っ込みますけれども。(笑)

    お父様との散歩、いいですね。ほのぼのとした父と息子を想像してみました。

コメントするためには、 ログイン してください。