『永遠だった日々』

『永遠だった日々』

忘れられない 忘れられない
忘れたくない

君がいない世界なんて
君がいない世界なんて

一人ぼっちじゃ 生きていけそうもない

それでもね
ある時 自然と笑っている自分に
気づいたの

私に語りかけてくる景色たち
常に変化していたんだよ

お花 お花 なぜ散るの?
落ち葉 落ち葉 なぜ落ちる?
夕陽よ 夕陽 行かないで

月と太陽 翳って 夜空を作り出し
また朝を見せるの?
わたしを乗せた まあるい惑星
なぜ回る なぜめぐる なぜここに
留まりたいのに…

夏になって 海
遠くでキラキラ 少しすずしい

秋になって 遠い空
見えない雲とか いっぱいあるね

冬になって 雪
まっ白くって まぶしくて

春になって つぼみ…
まだ忘れない 忘れるわけがない

弱音をずうっと吐いていたら
朝が来たよ

雨にぬれて 泣きたい気分で
歩いていたらすぐに止んだよ

私、とっくに気づいているのかもしれない…

このまま どんなふうにも
生きてさえいれば
何もかも 少しづつ 動いていって
それに気をとられているうちに
だんだんと薄れていく…

永遠の悲しみが
続くと思っていたのに…

本当は忘れたほうが良いんだよね
前を向いて
今よりもっと強くなって

そんなふうに生きていくことが
一番だってこともわかってる

でもそんなの
なんだかとっても さびしいじゃないか…

今もまだ この胸の中にいる
乗り越えたなんてそんなの嘘
だってまだこんなに苦しい

もう大丈夫だから
君は強いから 一人で生きられるって
まだそんなふうに 思ったりしないで

きみのこと
忘れたくない

まだ思い出にしたくない

君の言葉の一つ一つ
流した言葉のひとつぶひとつぶ
君が生きていた証拠となるもの
苦しんで付けた足跡長い長い一本筋の道のり

永遠だった日々が
遠のいていく

前を向いて
今よりもっと強くなる

朝が来ても忘れないから…
絶対忘れないからね!

投稿者

静岡県

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。